使ってはじめてよさを知る 粉引彫文

洋服や文房具・日用品などには、お店に並んでいるときは控えめだけれど、
実際に使ってみると、コーディネートしやすい・使い心地がとても良い、といった
使った時にはじめてその商品の良さがわかる商品がたくさんあります。

「使ってはじめて良さを知る」もの。それは、器にも当てはまります。

たち吉には、形が可愛らしい器・色がきれいな器・縁起のよいデザインの器など、
店頭や写真で目を引く商品が数多くあり、ご好評いただいておりますが、
実は、たち吉の人気商品の中にも「使ってはじめて良さを知る」器があるのをご存知でしょうか・・・?

今回は、使ってはじめて良さを知る器「粉引彫文」を、3つのおすすめポイントと合わせてご紹介します。

 

ポイント1  やわらかな風合い

「粉引」とは陶器の装飾技法の一つで、本来は素地の色を隠すため表面に白泥を塗って白く化粧したものです。粉が吹いたように見えるところから「粉引(こひき)」と名が付きました。
粉引彫文シリーズは、器ひとつひとつに線彫を施したあと、粉引で仕上げました。
粉引と線彫が織りなすやわらかな風合いが、食卓に温かさをもたらします。


ポイント2  使い勝手のよいサイズ

粉引彫文シリーズは、どのアイテムも少したわませた楕円の形をしています。
このゆるやかな形が手になじみ、程よいサイズ感が使い方の幅を広げます。
中鉢や小鉢はもちろん、中皿にも少し深さを持たせているので、汁気のある料理にもたいへん重宝します。


ポイント3  盛りつけやすさ

一見、シンプル・地味といった印象の粉引彫文シリーズ
しかし、料理の盛りつけやすさと、盛りつけたときの盛り映えは抜群。
ひとつひとつ丁寧に施された線彫が料理を引き立て、どんな料理も食卓を彩る一品にしてくれます。
たち吉社員にも人気が高く、実際に家で使っているという社員も多い「粉引彫文シリーズ」。
日々の食卓は器からこだわりたいという方にはもちろん、陶器は使いこなすのが難しい、と感じられる方にもおすすめの器です。

NEW粉引彫文 中皿7,020円

粉引彫文 中鉢3,240円

粉引彫文 取り鉢6,480円

おすすめの特集ページ

benishino_banner
shirabe
top_haiyu
nagakakusara_banner-1