土もの、石もの。憩いのとき、いろいろ

一般に「やきもの」「陶器」と聞いて、なにを思い浮かべますか?

多くの方が「器」を思い浮かべるかと思いますが、私たちの暮らしには欠かせない「器」は、
大きく「陶器」と「磁器」に分かれています。

「陶器」は、陶土とよばれる粘土、つまり土が主な原料で、「土もの」と呼ばれます。
一方「磁器」は、陶石とよばれる岩石が主な原料で、「石もの」と呼ばれます。
同じアイテムであっても、原料の違いで、器の持つ性質や雰囲気は違ってきます。
今回は、たち吉のむし茶碗を、「陶器」と「磁器」の違いと合わせてご紹介します。

 

陶器

陶器

“土もの”から感じるあたたかみ

土を用いて形作ったものを、1,100~1,300度で焼いたもので、焼成温度が低めで十分に焼き締まらないため、磁器に比べて柔らかく、吸水性があります。
陶器は熱しにくく冷めにくい、つまり熱伝導率が低いという特徴があり、温かいものをいただくときにおすすめです。
吸水性があるため、陶器に料理を盛りつけたまま何日もおいたり、水につけたまま放置したりしてしまうと、シミやにおいの原因となってしますので、扱いには少し注意が必要です。

陶器はあたたかな味わいや、土の素朴な風合いが魅力。ほっとひと息つきたいときには、陶器の風合いある「粉引 むし茶碗」はいかがでしょうか?

NEW粉引 むし茶碗5,940円

磁器

磁器

“石もの”の凛とした美しさと透明感

陶石を砕いたものを用いて形作ったものを1,300度程度で焼いたもので、焼き締まっているため、吸水性がほとんどなく陶器に比べて硬いです。そのため、使ったり洗ったり、日常的に扱いやすいです。陶器よりも透明感があり、盛りつける料理を選びません。
昔から、やきものの汎称として「陶器」という言葉が使われており、きめ細かく透明感のある肌を「陶器肌」と呼びます。そのため「陶器」は“表面がつるんとしてツヤのあるもの”というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかと思いますが、“表面がつるんとしてツヤのあるもの”は「磁器」なのです。

磁器はツヤのあるガラスのような滑らかさや、透明感が魅力。料理はもちろん、ゆったりと過ごしたいお茶の時間にも、磁器の可愛い「紅小花 むし茶碗」はいかがでしょうか。

紅小花 むし茶碗(受皿・スプーン付)14,580円

おすすめの特集ページ

kohikihorimon_yoko_pc