• お茶でほっこり
  • あわただしく過ぎる毎日の中でも、ほっとひと息、
    ゆっくりとお茶を淹れ味わうひとときは大切な時間です。
    暮らしのスタイルが多様化しているといわれますが、
    「お茶をいただく」シーンも例外ではありません。
    急須を使って淹れたあたたかいお茶でもてなす
    お気に入りのマグにたっぷりとお茶を注いでいただく
    きらりと光るグラスでおしゃれに冷茶をいただく
    日本人の暮らしと切れることのない「お茶」に関するアレコレをご紹介します。

    店頭でも
    2月20日~3月3日、そごう横浜店のたち吉店舗にて、期間限定企画を開催いたします。 また、こちらのページでご紹介している、お茶の美味しい淹れ方や、茶托とお茶呑茶碗の組み合わせのポイントなどをより詳しく説明したリーフレットをお配りします。 皆さまご来店を、心よりお待ちしております。

    ◆そごう千葉店のたち吉店舗にて、2月26日まで期間限定企画を開催中。
    ◆東武百貨店池袋店のたち吉店舗にて、3月6日まで期間限定企画を開催中。

  • こだわりの道具 急須
  • 美味しいお茶は、急須の使い方次第! 丁寧に美味しく、そして美しくお茶を淹れるために大切な急須。 美味しいお茶を楽しんでいただくために、急須の使い方をご紹介します。

    1)急須の蓋の空気穴を、注ぎ口の方向へ向ける
    空気穴を注ぎ口に向けることで、お茶を注ぐときに急須の中でお湯のかくはんがおこり、茶葉が自然にかき混ぜられます。これにより、お茶がよく抽出され、美味しく淹れられます。
    2)お茶を淹れるときは、急須をゆすらない
    お湯を入れた後、急須をゆらしたりしていませんか? 急須をゆらすと、茶葉が自然とひろがるのを妨げ、うまみが出なくなります。
    3)最後の一滴までしっかり絞り切りましょう
    最後の一滴は「ゴールデンドロップ」と呼ばれ、美味しさがいっぱいつまっています。
    4)注ぎ終わったら、急須の口と反対側を軽くたたきましょう
    注ぎ終わった急須の茶こし側には、茶葉が偏っていますので、
    口と反対側を「ポン!」と軽くたたいて戻しましょう。

    • 四代目森伊呂久氏による手作りものです

      松皮 急須

    • 伝統工芸士、伊藤実山氏制作の急須です

      松皮 急須

    • 風味を損ねない目の細かな茶漉し

      松皮 急須

その他の急須はこちらをクリック

  • 手になじむ お茶呑茶椀
  • おもてなしのシーンに欠かせないお茶呑茶碗。やわらかな口当たりや、手に馴染む形など、使いやすさが重要です。 また、蓋つきのお茶呑茶碗でお茶をいただく時には、マナーがあります。 お茶呑茶碗に左手を添えて、右手で蓋のつまみを蓋についた滴を、茶碗の中に落とすような感じで、茶碗の上で蓋を傾けます。蓋は裏返した状態のまま、右側に静かにおきます。

その他のお茶呑茶碗はこちらをクリック

  • こだわりの道具 茶托
  • おもてなしの時には茶托を使用しますが、お茶呑茶碗と茶托の組み合わせについて、迷われる方も多いのではないでしょうか。そもそも、何か決まりがあるのでしょうか? お客様にお茶をお出しするとき、熱いお茶をそそうなくお出しできるのは、大きめの茶托です。一般的には、上の画像のように、お茶碗を茶托に伏せて置き、両方の親指がお茶碗の左右に入ることがひとつの目安とされています。 また、お茶碗に対して茶托が相当大きくても、ハレの席では立派なものとして映ります。そういった意味から、小判方の茶托は便利な一品です。
    • 中心部分に布張りを施してキズが付きにくい

      御室 小判茶托

    • 天然木を丁寧にくり貫いて本漆を重ね塗り

      円山 茶托

    • 食器洗い乾燥機にもかけられます

      朱塗梅 茶托

その他の茶托はこちらをクリック

  • くつろぎの 湯呑
  • 日々使うものだからこそ、こだわりたい湯呑。手にもすっぽりと収まるやさしい形、口当たりのよい湯呑を選ぶのもポイントです。お気に入りの湯呑は毎日のお茶の時間を大切にします。
    • 側面の面取りが手にやさしい

      青白磁 小湯呑

    • 水面に映る月光をイメージ

      月華 夫婦湯呑

    • 温もりのある色味

      玄風 湯呑

    • 表情豊かな淡いピンク

      あかつき 湯呑

その他の湯呑はこちらをクリック

  • ほっと一息 マグカップ
  • 毎日の暮らしで身近な食器のひとつ、マグカップ。食事の時はもちろん、読書や親しい人との団欒など、寛ぎの時間には欠かせません。自分だけのお気に入りを愛用するのも、ペアでお揃いのマグカップにお茶を注いでも、ほっと和む時間です。

その他のマグカップはこちらをクリック

  • グラス
  • 多くの方がワインやジュースなどを入れているグラス。 実は冷茶もおすすめです。ライフスタイルの変化と同じように、お茶のスタイルも変わってゆきます。和菓子はもちろん、洋菓子と合わせるのもおすすめです。 キラリ輝くガラスに注いだ鮮やかな緑茶が、日々の憩いをオシャレに染め上げます。

その他のグラスはこちらをクリック

おすすめの特集ページ

こだわりの急須
京洛マグ