京都 たち吉 ONLINE SHOP

おすすめ特集から探す

和食の大切なパートナーである和菓子と日本茶。
「茶と菓」では、四季折々の和菓子を相性の良い器と一緒にご紹介いたします。
和菓子は四季をあらわすことができる繊細なお菓子です。
季節の趣を色と形で表した京菓子は、職人の技が生きた小さな芸術品。
和菓子と器の良い関係から、ほっとした和の心を感じていただければ幸いです。

茶と菓 季節のお菓子 ひちぎり

京菓子司末富さんの主菓子「ひちぎり」を盛り付けました。
桃の節句のお祝いに京都ならではの「ひちぎり」という生菓子があります。よもぎ餅を丸めてひしゃくの形にし、上に餡を乗せています。名前の由来は、餅の一箇所を引きちぎったままの形を残して杓のような形にすることからと言われています。京都では旧暦にならい、4月3日にお祝いするところもあり子供の誕生を祝うお菓子として親しまれています。

末富さんは明治26年京都に創業された和菓子の老舗です。
昔ながらの格式を守り、大量生産でない心のこもったお菓子を作られています。
何よりもただお菓子を写実的にうつすことではなく、
人の情感に訴えることこそが京菓子の遊び心を生み出す原点と考えられています。

 
主菓子(生菓子)は 末富本店、 全国の販売店の各店舗でお買い求めいただけます。2週間~1カ月ほどで商品の入れ替えの為現在お取り扱い中の商品・販売期間またはご予約については本店までお問い合わせください。
 
京菓子司 末富 本店
〒600-8427 京都市下京区松原通室町東入
営業時間 9:00~17:00  定休日 日曜日・祝日
TEL.075-351-0808・075-361-5308  FAX.075-351-8450