あまいものは、わたしたちのひそかなたのしみ。
いつもより丁寧に、おとものお茶やコーヒーを淹れる時間もたのしみのひとつ。
こちらでは季節のおやつをうつわと合わせてご紹介いたします。
ほっこり、ゆったり。四季折々の茶と菓で、しあわせな時間をお過ごしください。

5月 端午の節句

端午の節句は奈良時代から続く「五節句」という季節の節目に設けられた5つの式日のひとつです。
端午の節句に関わる「菖蒲」と、武を重んじることを意味する「尚武」をかけて、男の子の成長を祈る行事となりました。こどもの日に柏餅を食べる理由は、柏が子孫繁栄につながる縁起のよい植物だと言われているためで、柏の葉は新芽が出るまで古い葉が落ちないことから、子孫繁栄に繋がると考えられてきました。
市松の器に柏餅は色のトーンが同じなので上品な盛りつけになります。
柏餅と、市松銘々皿は、長い間親しまれているもの同士。相性のよい組み合わせです。