京都 たち吉 ONLINE SHOP

おすすめ特集から探す

お正月に揃えたい 迎春の器

一年のはじまりを祝うお正月は、
伝統的なうつわやお気に入りのうつわで食卓を彩りたいもの。
2021年は例年と違ったお正月になりそうですが、
三段重を一人一重として使ったり、中皿に一人分を盛り付けたりと、
お好みのスタイルで新年をお祝いください。 

 

一人分を盛り付けるだけ ワンプレートおせち

中皿に一人分のおせちを盛り付けていくだけで、おしゃれなプレートができあがり。料理を盛り付ける際には、丸いお皿の場合は中央に料理をひとつ置き、そのまわりに他の料理を並べていくと簡単です。また、「難を転ずる」といわれる南天や、樹齢が長いため、「不老長寿」の縁起をかつぐ松の葉を飾りに使うと、お正月感がアップします。

  • ガラスのお皿を使えば
    涼やかな印象に

    陶磁器ではなく、透明感のあるガラスのお皿を使えば、洋風プレートになります。ロ―ストビーフやチーズなどのオードブルとも相性抜群です。

大皿に品よく盛る

1枚の大皿におせちをとりどりに盛る。ご夫婦お二人で向き合ってのお正月などにおすすめしたい華やかな使い方です。大皿をひとつのステージに見立てれば、お料理の高さや配色、添えもの等の工夫がひときわ引き立ちます。

その他のおすすめ