萩焼 器を育てる愉しみ

萩焼は、長年使い続けることで釉薬の細かい貫入から茶や酒が浸透し、茶碗の色彩が変化することが特徴です。時を重ねるごとに変化してゆく「萩の七化け」は、「一楽、二萩、三唐津」と呼ばれ、昔から茶の湯の世界で珍重されてきました。
伝統的な表情も味わいがありますが、カジュアルに使える色合いもあります。
使い込むことで自分だけのうつわになる、そんな萩焼をひとつ選んでみませんか。

※サイズ・風合いは、一つ一つ異なります。
※吸水性が高いため、ご使用後はよく乾燥させてください。