小皿あそび

ちょっと気軽に使いたい、季節に合わせて食卓も模様替えしたい、それなら小皿を変えてみませんか。存在感があるものを選べば、一つ差し込むだけでぐっと明るくなります。
 
今揃えたいのは、明るい色絵の九谷焼。秋冬のあたたかな食卓のアクセントにしたり、おうち時間のくつろぎのひとときに、選ぶ楽しみも加えましょう。
  • 九谷焼「あんとさん」の小皿

    窯名は安東眉石(あんどうびせき)窯、作家は安東四郎氏、通称 あんとさん。
    1992年、勤め人のかたわら独学で絵付けを学んだことからスタート。奥様(雅号・眉石)娘さんも陶芸作家で、絵付け専門の窯として食卓まわりの作品を作られています。自然由来の絵の具を独自で調合・焼成し、あくまで手描きにこだわり軽やかに描いています。「ありがとう」の意味もある、やさしい響きのあんとさん。小皿につまったかわいい世界をお楽しみください。

丸皿・四角小皿

毎日の食卓に一番使いやすい形です。ふちに柄があるものは、白い部分におさまるように、盛ってバランスよく。