民芸のうつわ 益子焼

どこかほっとするあたたみのある色かたち、益子焼は栃木県芳賀郡益子町で作られています。
江戸時代末期に大塚啓三郎がこの地に築窯し、そこで採れる良質な粗土を使い、主に日用品が数多く作られてきました。

益子に移住した濱田庄司の提唱した民藝運動とともに、「民芸のうつわ」としての印象が強い益子焼ですが、現代では、伝統的な釉薬を使いながら今の暮らしになじむアイテムも、多く作られています。

益子を拠点に活動する若手作家も多く、多様な作風を受け止める懐の広さが、多くの人を引き付けてやみません。
今回はこれからの寒い季節に使いたい、あたたかみのある益子焼をご紹介します。

つかもと

窯元が200以上ある中で、最大級の窯元です。初代 塚本利平が、益子深田の地に塚本窯を創業して150年以上の歴史があります。
伝統を守りながら今の食卓に合ううつわを作り続けています。