お茶をいただくという、わたしたちの暮らしに息づく習慣。四季折々のたのしみ方がある中で、夏は冷たいお茶で体を潤す、涼やかなひとときです。ガラスや染付の茶碗なら、目にも涼を感じられてより格別の時間に。一杯のお茶にもひとさじのエッセンスを加える、眺めの良いうつわをご紹介します。

改まった席に品格ある器で

結納や仏事、商談などあらたまった席に揃えたい蓋付のお茶呑茶碗。
蓋が付いていると「お茶が冷めにくい」や「ほこりが入らない」といった実用的な意味がありますが、「あなたのことを敬っています」という気持ちが込められているとも言われています。

京の逸品

京焼・清水焼は日本を代表する伝統工芸品です。
おもてなしの席にふさわしい逸品です。
※こちらの商品はたち吉のオリジナルではございません。

その他のおすすめ