京都 たち吉 ONLINE SHOP

おすすめ特集から探す

お食べ初め(おたべぞめ)とは、子供が一生食べ物に困らないこと、また歯が生えるほど成長したことを喜ぶ意味もこめて、赤ちゃんに初めて食べ物を食べる真似をさせる儀式のことです。
たち吉では、お膳(塗物)、うつわ(磁器)、汁椀(塗物)をセットにして、男の子用と女の子用の二種類をご用意いたしました。磁器のうつわは取扱いがし易く、お食べ初めの後は、離乳食の食器としてご利用いただけます。

 

お食べ初め豆知識

お食べ初めの呼び名
「お食べ初め(おたべぞめ)」以外の呼び名では、初めて魚を食べさせることから「真魚(まな)始め」や祝う時期が生後百日前後なので「百日の祝い(ももかのいわい)」と呼ぶ地域もあります。
 
お食べ初めの時期
赤ちゃんが生まれてから100日目に行うのが一般的ですが、地域によっては110日、120日目にお祝いするところもあります。あくまでも目安にすぎないので、生後3ヶ月~4ヶ月ごろの離乳食に変わる時期の吉日を選んで祝うと良いでしょう。
 
食べさせる人
赤ちゃんに食べさせる真似をする役は、「養い親」が行います。「養い親」は、長寿にあやかるという意味から身内で最年長の人が行うことになっていますが、最近では祖父母に頼むことがほとんどのようです。男の子なら男性に、女の子なら女性に頼みましょう。
 
食べさせる順番
「①ご飯→②汁物→③ご飯→④魚→⑤ご飯」の順番を3回繰り返し、食べさせる真似をします。また、「ひとつぶなめ」といわれるように、一粒だけでも食べさせるようにします。
 
歯固めの石
赤ちゃんに丈夫な歯が生えることを願う、「歯固めの儀式」で使用します。お宮参りの際に神社からもらうのが一般的です。無い場合は河原など近場で拾ったものでも構いませんが、熱湯消毒をしてから乾かして使用します。使い終えた後は洗浄し、感謝の気持ちを込めて、拾った元の場所に戻すと良いでしょう。

たち吉のお食べ初め

 

 

ハローキティ 梅文 お食べ初め揃

    • NEW

    梅の花は寒さの中 花を咲かせることから 忍耐力や生命力、子孫繁栄の象徴とされる吉祥文様です。おめでたい紅白の梅文様から顔をのぞかせているキティには皆から愛されやさしい笑顔と幸せに包まれますようにとの願いを込めました。子供の健やかな成長を祈り「一生 食べ物に困らないように」との願いを込める「お食べ初め」。かわいいキティと梅文が品よくデザインされた大切な日を迎えるのにふさわしい逸品です。

    ハローキティ 梅文 お食べ初め揃
     
     
    商品の詳細はこちら