京都 たち吉 ONLINE SHOP

おすすめ特集から探す

京薩摩

京都で発展した京薩摩は、京都の粟田焼が始まりです。パリ万博に出展したことをきっかけに輸出を目的に、繊細な絵付けを施した京薩摩が作られ始めました。鹿児島の薩摩が江戸時代末期にイギリスに多く持ち込まれていたこともあり、当時西洋では日本の焼き物=SATSUMAとして知られていました。戦後輸出が減り、京薩摩がなくなったといわれていますが、進駐軍相手にお土産として好まれました。豪華絢爛な京薩摩は、現在も中国など海外からの人気が高い焼き物です。

京薩摩窯元 小川與山

大正8年に初代が粟田焼の窯元を創業しました。現在、若手の職人さんが昔の職人さんのデザインを参考にアレンジを加えて、小川與山の貫入の生地に手描きで繊細な絵付けを施しています。最近では白磁の器に若手作家が新しい感覚でデザインしたものも製作しています。上絵付は生地が一面にきっしりと色をのせ、奥行きがあるようにみせています。少し厚みの出る顔料を使用し、多色の色を重ねて立体感を出しています。その上から繊細な金彩を施し、豪華な器をつくり上げています。

京薩摩絵付けの動画はこちらをクリック

  • 京薩摩 盃

    極薄の白磁の生地に華やかに描かれた「京薩摩」の緻密な色彩は眼福口福。
    その姿を味わい、そしてお酒を楽しむ。掌でじっくりと愛でていたい盃です。

  • 京薩摩 香炉

    細密に描き込まれた色とりどりの草花は、金彩で縁取られることでさらに絵に奥行きが増して、小さな香炉にも重厚な拡がりを感じます。

  • 京薩摩 一輪生

    鶴首と言われる端正な姿の一輪生は、高度なロクロ技術から生まれる京焼清水焼の逸品です。
    豪華な京薩摩の絵付けで埋め尽くされた一輪生は、飾り壷としてあるだけで荘厳な空間をもたらします。