古くからの陶どころとして知られる岐阜県土岐市の駄知の里。
小高い起伏の中に窯の煙突が見え隠れするこの地に、中垣連次さんの窯はあります。
その特徴は、織部・志野といった伝統的な美濃焼の技法を現代の食卓を彩る
うつわへ反映させる優れた美意識、またそれらを支える優れた手わざにあります。
永い歴史を有する美濃焼にあって、陶を極めんとする作家の探求心により、
新たな表情を得たうつわをご紹介します。
 

 

中垣連次 Renji Nakagaki

1954 岐阜県土岐市生まれ
1978 日本大学法学部卒業 父、中垣勝美に師事
1981 三代目秀峰を継ぐ
現 在 土岐市で作陶
全国各地で個展・グループ展開催

 

 

心に映る四季の折々をやきものの美の形として表現し
伝統の郷にて日々新たに土ひねり
かけがえのない季節を感じつつ炎に遊ばれ 窯を焚く

※こちらの作品はたち吉のオリジナルではございません。 

【ご使用上の注意】
電子レンジのご使用はおすすめしません。
食器洗浄乾燥機のご使用はおすすめしません。
 
【器の個体差について】
全て手作業で行われているためサイズや形状、色味がそれぞれ多少異なります。
サイズ表記と若干の差があることをご了承ください。
個々の違いを手作りの味わい、意匠としてご理解いただきますようお願いいたします。