立春大吉 節分の日に
 
2023年2月3日は節分。
節分は、もともと「立春・立夏・立秋・立冬」の前日のことを指します。
旧暦では「立春」が一年の始まりとされ、「立春」の前日にあたる節分が特に重要視されていました。そのため、立春の節分の日には、邪気を祓い、福を呼び込むための豆や恵方巻など縁起の良い食べものがいくつかあります。今回、節分の食べものと、それに合う器をご案内します。

家族みんなで作って楽しい
手巻き寿司

お子さんがいる家庭や、恵方巻が苦手という方は、手巻き寿司がおすすめです。
色とりどりの具材を並べれば、目にも楽しい食卓に。
異なるサイズのお皿を組み合わせて使える市松線彫シリーズは、いろいろな具材を盛り付ける手巻き寿司のうつわにぴったりです。

厄を除け、福を呼びこむ
豆まき

日本では、古来より穀物や果実には「邪気を払う霊力」があると考えられていました。
また、豆=魔目(鬼の目)、魔滅(鬼を滅する)の語呂合わせもあり、豆を鬼に投げることで、厄災を逃れる意味が込められています。
豆まきの後は、「年齢の数+1個」の豆を、豆皿や小皿に分けて、“健康で幸せな一年になるように”と願いながらいただきましょう。