京都 たち吉 ONLINE SHOP

おすすめ特集から探す

 

稲穂が実りトンボが舞い稲刈りが始まる、今年も新米の季節になりました。
食欲の秋を一番に感じられる、香り高く甘くてツヤツヤの新米。
そんな、この時期にしか味わえない新米をお気に入りのお茶碗でいただきましょう。毎日使うからこそ、色・形・大きさにこだわって選んでみてください。
一段と美味しく感じられるかもしれません。

たち吉の飯碗

おすすめ産地の飯碗

波佐見焼のご飯茶碗

波佐見焼は、長崎県東彼杵郡波佐見町で生産されている磁器です。
およそ400年前、庶民のうつわとして生まれ、長い歴史の中で独自の伝統を培ってきました。高度で精緻な技術のもと、伝統的なうつわをはじめとして、生活になじむデザインのものが多く生産されています。今回は見た目にも楽しい多彩なごはん茶碗を集めました。

※こちらの商品はたち吉のオリジナルではございません。
 

こちらもおすすめ