波佐見焼 福峰窯

1966年より続く福峰窯は、波佐見焼の技術を受け継ぎ、守っている窯元です。代表的な染付・赤絵はすべて熟練の職人による手描きです。
うつわの裏側にまで施された彩色、使いやすく、ぬくもりのある形で毎日登場させたいうつわです。

福峰窯はこんなところ

内外十草の作陶風景です。
3本に分かれた筆を使い一つ一つ手描きしています。

十草

そば猪口