奈良一刀彫の干支人形

「奈良人形・一刀彫」の伝承技術は、独特の鋭いノミ跡が見せる稜角と面、そして金箔や水干・岩絵の具で彩られた微細で華麗な図柄との、見事な調和の美しさにあります。
奈良一刀彫の歴史は長く、保延年間(1137年)に藤原氏の氏神である奈良春日大社・若宮の天下泰平五穀豊穣を祈願する祭礼用に作られた人形に遡る、と言われているほどです。
 
素朴で愛らしい表情の干支人形は、由緒ある伝統工芸ながらも親しみやすく、人気を呼んでいます。大地を踏みしめ悠然と構える姿から力をもらい、一年の無病息災を祈りましょう。新年の始まりに飾ってはいかがでしょうか。

  • 高橋勇二 Yuji Takahashi

    昭和27年8月  秋田県生まれ
    47年~51年 川口神泉に師事
    52年~54年 奈良県伝統工芸聴講生
    53年~57年 大阪市立美術研究所に在籍  造形の勉強をする
                     関西展 入選
    55年          秋田県展賞 受賞
    56年          奈良県展 市町村賞 受賞
    57年          天理ビエンナーレ展 入選

木地

※こちらの作品はたち吉のオリジナルではございません。 

【作品の個体差について】
全て手作業で行われているためサイズや形状、色味がそれぞれ多少異なります。
サイズ表記と若干の差があることをご了承ください。
個々の違いを手作りの味わい、意匠としてご理解いただきますようお願いいたします。