1. たち吉 オンラインショップ
  2. 商品一覧
  3. 【匠の伝承】響の硝子 金彩 総菊繋文 食籠〈1客〉

【匠の伝承】響の硝子 金彩 総菊繋文 食籠〈1客〉

江戸時代後期にビードロ屋を営む加賀屋久兵衛が考案した技法が始まりといわれる江戸切子。器はあくまで主役の料理を涼やかに演出する脇役という料理人の考えから、料理の映える透きのものが重宝されています。重みを感じるくらい肉厚の生地に、器を持つ手が痛いほど鋭い切子を施したものが、江戸切子の神髄とされます。江戸切子明治時代に精巧なカット技法を得るため英国人より指導を受けた切子職人の直系が創業した堀口硝子。特に優れた切子細工に「秀石」の銘を記しました。大震災や世界大戦など激動の時代を乗り越え、途絶えることなく「秀石」の銘と技術、そしてモノづくりの心を今日まで受け継いでいます。※こちらの商品は、たち吉オリジナルではございません。

110,000円 (税込)

商品在庫数:1

数量

包装紙・熨斗につきまして

複数配送先にご注文の方

江戸時代後期にビードロ屋を営む加賀屋久兵衛が考案した技法が始まりといわれる江戸切子。器はあくまで主役の料理を涼やかに演出する脇役という料理人の考えから、料理の映える透きのものが重宝されています。重みを感じるくらい肉厚の生地に、器を持つ手が痛いほど鋭い切子を施したものが、江戸切子の神髄とされます。江戸切子明治時代に精巧なカット技法を得るため英国人より指導を受けた切子職人の直系が創業した堀口硝子。特に優れた切子細工に「秀石」の銘を記しました。大震災や世界大戦など激動の時代を乗り越え、途絶えることなく「秀石」の銘と技術、そしてモノづくりの心を今日まで受け継いでいます。※こちらの商品は、たち吉オリジナルではございません。

商品番号 1026040010
サイズ径13.5cm・高さ7cm(1客)
セット重量g
材質ガラス(江戸切子)
箱サイズ
桐箱入