急須の産地として名高い、三重県·四日市萬古焼。
お茶を美味しくするといわれる土に加え、多くの作家や窯元の確かな技術で、使いやすく装飾も様々な急須が作られています。
焼き締め急須は、使いこむほどに味わいが増していくのも楽しみのひとつ。
新茶の季節、熟練の技と個性が光る伝統工芸士の急須で、ゆったりとしたくつろぎのひとときをお楽しみください。
  • ナス形特ビリ急須

    伝統工芸士・舘正規氏の小さめ急須です。ビリとはろくろを回しながら、細かな模様をつけていく装飾のことです。

     

    13,200円(税込)

    詳細はこちら
    SOLD OUT

    1.5号ナス形ビリ急須

    伝統工芸士・舘正規氏の急須です。ビリとはろくろを回しながら、細かな模様をつけていく装飾のことです。

     

    12,100円(税込)

     

    詳細はこちら
  • 鹿の子玉節中帯急須

    伝統工芸士・森伊呂久氏の小さめ急須です。ふたつの異なる装飾で彩られた作品です。

     

    19,800円(税込)

    詳細はこちら

    平丸無地急須

    伝統工芸士・舘正規氏の小さめ急須です。使うほどに色つやを楽しめる無地も味わい深いです。

     

    13,200円(税込)

     

    詳細はこちら
  • 2.5号玉形無地急須

    伝統工芸士・舘正規氏の急須です。使うほどに色つやを楽しめる無地も味わい深いです。

     

    14,300円(税込)

    詳細はこちら

    焼〆窯変後手茶器

    伝統工芸士・山本太仙氏の急須です。小さい形と、焼成の際にあらわれる緋色が、柔らかさを与えてくれます。

     

    16,500円(税込)

     

    詳細はこちら

※こちらの商品はたち吉のオリジナルではございません。
※のし掛け・包装はできません。予めご了承ください。