小樽硝子 切子のうつわ
様々な色ガラスの組み合わせと繊細な文様が目を引く「小樽切子」。
切子で代表的な江戸切子と薩摩切子とは違い「小樽切子」特有の色味が特徴的で、ひとつひとつ丁寧に刻まれた文様は、より一層「小樽切子」を引き立てます。今回は、上品さと重厚感のあるぐい呑みとロックグラス、四季を表現した色鮮やかなsikiシリーズをご紹介します。
  • 小樽切子とは

    切子はクリアなガラスに色ガラスを被せた物が一般的ですが、「小樽切子」は色ガラスの上に色ガラスを被せ、そこに文様を刻んでいきます。これによって多くの色の組み合わせを楽しむことが出来、独創性に富んだカットを刻むことで、今までにはない新しいガラスを表現しています。