京都 たち吉 ONLINE SHOP

おすすめ特集から探す

古典と現代の共存

清和陶苑は、京焼・清水焼の陶芸家が窯を構える陶芸の里として知られている京都府宇治市炭山にあります。
初代・原清和は、多種な土と釉薬を駆使した高麗茶碗の写しに励み、また全国各地の陶土を取寄せ独自にブレンドし、それぞれの土に合った釉薬を使用し多種多様な焼物を世に送り出してきました。
当代・原稔は、その初代 父より学んだ技術と伝統を礎とし、守る想いと進化させる努力を怠らぬよう「古典と現代の共存」という視点で、「作り手の感性がほどよく伝わる・使い手が主役になる」そのような視点で日々作陶に研鑽されています。

 

炭山陶芸HP: https://h-seiwa.sumiyama.kyoto/home/