たち吉を代表する器のひとつ「白菊」に新たなアイテムが登場です。

「凛とした佇まい」

たち吉の人気シリーズ「白菊」は、永く親しまれてきた伝統的な菊割の形状を受け継ぐ器です。凛とした佇まいを出すために、ここまで薄手にこだわった口元は、数多くある菊割の器を見渡しても、なかなか出会えるものではありません。
薄手の口元だからこそ、食卓に花開くような一層の美しさを演出します。

「美しくも、可愛らしい」

白一色の清らかさも「白菊」の魅力のひとつ。どこか爽やかさを感じる白の色目は、料理を引き立てるだけでなく、他の器ともよく調和します。料理を盛りつければ美しく、デザートを盛りつければ可愛らしく。食のもつ雰囲気を生かし、食卓を豊かに表現してくれる器は、そうそう出会えません。
使い勝手のよいサイズの中皿と小皿の登場で、日々の食卓の幅がさらに広がります。

「暮らしを大切にする心を込めて」

季節を愛で、食事を楽しむために小さな花を飾る。そんな今も昔も変わらない、暮らしを大切にする心を込めた白菊の器。一枚で使うのはもちろん、シリーズで揃えていただくのもおすすめです。もちろんおもてなしにも最適です。
たち吉を代表するシリーズ「白菊」をぜひご覧ください。