京焼・清水焼の作り手、山本北哉やまもとほくさい さんによる、富士に松梅シリーズです。
温かみのある素地に描かれているのは、富士山、松や梅などの縁起物。富士山は、「無事」や「高い目標や理想をあらわす立身出世の象徴」 を意味するため大変縁起がよく、贈り物にもおすすめです。お祝い事やハレの日の食卓にもお使いいただけます。
雅趣に富みながら現代の暮らしに馴染む器を、茶器や酒器を中心にご紹介します。
 
【ご確認ください】
※販売期間:4月15日(金)17時~
※お一人様10点までのご購入とさせていただきますので、予めご了承くださいませ。
※お届けまで1週間ほどお時間を頂戴する場合がございますので、予めご了承ください。
山本北哉 やまもとほくさい
1978年 京都に生れる
1996年 陶工訓練校に入学
1997年 陶工訓練校卒業 ルック・デ・ブック氏に師事
2000年 京都・山科にて独立、開窯
※こちらの作品はたち吉のオリジナルではございません。 
 
【器の個体差について】
全て手作業で行われているためサイズや形状、色味がそれぞれ多少異なります。
サイズ表記と若干の差があることをご了承ください。
個々の違いを手作りの味わい、意匠としてご理解いただきますようお願いいたします。
 
【ご使用上の注意】
電子レンジや食器洗浄乾燥器のご使用はおすすめいたしません。