波佐見焼のかわいいうつわ
 
波佐見焼は、長崎県の北東部・波佐見町付近で作られている陶磁器です。約400年もの歴史を持ち、古くから人々の生活に寄り添ってきました。日用品として使われてきたため、丈夫で扱いやすいのが特長です。いまは、現代の生活に合わせたモダンなデザインのうつわが多く産まれています。
今回、女性のココロをくすぐる可愛らしいフルーツ模様のうつわや、ローズマリーの刻印が食卓のアクセントになるうつわなどを集めました。

色釉窯変シリーズ

うつわを焼く際の炎や釉薬の具合などにより、予期しない釉色や釉相があらわれることを窯変(ようへん)といいます。その名のとおり、自然の力により生まれた表情は千差万別。自然が生み出す表情を愉しめるうつわです。

ローズマリーシリーズ

ローズマリーの葉をうつわに刻印しました。光の角度や強さなどでさまざまな表情を見せてくれます。洗練されており、落ち着いた印象のうつわなので、シックな雰囲気の食卓をコーディネートできます。