桃山時代から続く美濃焼の兵山窯四代目与左衛門は、名士として知られ、器を織田信長に献上した折、その技を称え製陶を許可する朱印状を下付されました。羽柴の姓を下賜され以来、現在の当主、羽柴兵哉に至ります。
兵山窯でつくり上げる器は、白化粧をかけたり削ぎを入れたり、また染付や赤絵など多岐にわたります。その技術だけでなく、研ぎ澄まされた感性の良さで洗練された器をつくり出しています。
 

※こちらの作品はたち吉のオリジナルではございません。 

【ご使用上の注意】
電子レンジのご使用はおすすめしません。
食器洗浄乾燥機のご使用はおすすめしません。
 
【器の個体差について】
全て手作業で行われているためサイズや形状、色味がそれぞれ多少異なります。
サイズ表記と若干の差があることをご了承ください。
個々の違いを手作りの味わい、意匠としてご理解いただきますようお願いいたします。