江戸時代、人気歌舞伎役者の袴に用いられて大流行したのが市松模様と呼ばれる格子柄。古くから日本人に愛されたその古典文様を、独特の渋さを持つ緑の織部釉とやや赤みがかった白の志野釉で塗り分け、京らしい季節の絵柄をちりばめた、職人の手仕事を感じさせる一皿です。大胆なひし形と色使いが食卓で個性を発揮するとともに、手作りのぬくもりを届けます。慶事やおもてなしの際に活躍するのはもちろんですが、遊び心があって、どんな料理を盛り付けても映えるからこそ、ふだん使いで、華やぐ気持ちを味わっていただきたい器です。

 

 

お料理の品格をあげるうつわ