辻村史朗  Shiro Tsujimura

奈良市東部の山中・水間(みま)に、陶芸家の辻村史朗の自宅兼工房がある。
ここに土地を得て、下草を刈り、道をつくり地ならしをして、十坪ほどの小屋を建てた。
そのかたわらに建てた窯は、一冊の本だけを頼りにした手作りだった。
絵を描くこと、小屋を建てること、焼きものを創ること、そして売りに歩くこと。
すべては同じ志に発したひとつのことだった。

 

作品を見る

師を持たず、独学で作陶を極める。
深い味わいと力強い存在感溢れる作風で、日本を代表する陶芸家となる。
作品の魅力は、国内はもとより海外からも熱く支持をされ、
米国・メトロポリタンやボストン、ブルックリンなど名だたる美術館に作品が所蔵されている。

作家略歴

1947年 奈良に生まれる 
1965年 画家を志す 禅門をたたく
1970年 奈良・水間(みま)に居を定める 築窯
1977年 水間にて初個展
    国内で個展活動をはじめる(絵・陶芸)
1990年 京都・たち吉本店にて第1回個展開催(以後8回開催)
1993年 ドイツ・アメリカ・フランス・イギリス他    海外で個展活動をはじめる(絵・陶芸)
1999年 裏千家茶道資料館にて「辻村史朗・壷と茶碗展」 
2007年?ベネチア ビエンナーレ アルテンポ館に招待展示
    国内外で絵・陶芸・書の展示会を開催
 
■主な作品所蔵美術館
アメリカ クリーブランド美術館・ミネアポリス美術館ブルックリン美術館・フリーア美術館メトロポリタン美術館・サンフランシスコ美術館カンザス大学付属美術館・ノースキャロライナ美術館・ボストン美術館・クラーク財団・バーグ財団
ドイツ フランクフルト工芸美術館・ベルリン美術館
スウェーデン ストックホルム美術館
日本 裏千家茶道資料館・MIHO MUSEUM