京都 たち吉 ONLINE SHOP

おすすめ特集から探す

伝統の技法に現代のデザインを

大正の初めに創業した京焼・清水焼の窯元。多くの窯元が分業で行う京都・清水焼の中にあって、成型から下絵付け、本焼成、上絵に至るまでの一貫生産をしているのが陶仙窯です。当代はその四代目を数えます。
新たなチャレンジとして、氷の細やかなひび割れのように幾重にも重なる姿が美しい亀甲貫入(きっこうかんにゅう)の釉薬と三島手に金彩・白金彩を施しました。伝統の釉薬や技法を用いながら、モダンなデザインと色彩を組合せ、現代の暮らしの中で普段使いとして欠かせない、ライフスタイルにぴったりと寄り添う器を作陶しています。

 

陶仙窯 Instagram: https://www.instagram.com/tohsen_gama/