花咲みシリーズ

今年、創業270周年を迎えたたち吉は、食器をリサイクルした環境に優しい素材のRe-食器「花咲み」シリーズを開発いたしました。

ふんわりとした乳白色と桜色の2色で、アイテムは計5種類。一つでも、全て揃えて並べても使いやすいプレートやボウルです。安定感があり、重ねやすい形が特徴です。

5つのアイテムをセットに スターターセット

花咲みの使いやすさをお試しいただきたく、スターターセットをつくりました。ギフトにもお使いいただけるよう5つのアイテムを、同じカラーのBOXに入れました。
1つずつ買うよりもお求めやすいセット価格にしています。

デザインのこと

  • 不要になった食器から新しく生まれ変わった「Re- 食器」に、自然の中で繰り返し芽吹き花を咲かせる植物の再生のイメージを重ね、春から夏に向けて咲き始める可憐な花々をモチーフにしました。デザイン案をうつわに直接鉛筆や絵の具で描く作業を何度もくり返して「花咲み」をデザインしました。

Re-食器【Re50】について

  • Re-食器とは

    Re-食器とは、家庭や学校、レストランなどから回収した不要食器を粉砕して、もう一度土に混ぜ込んで新しい製品として生まれかわらせたリサイクル食器のことです。
    【Re50】とは、不要食器の配合率が50%の再生陶磁器をいいます。

     

    Re50製品のメリット


    一度焼いた食器が半分混ざっているため、通常1300°Cで焼成するところ、1150°Cで焼結することができます。焼成温度を100°C~200°C低減できるため、温室効果ガス排出量最大33%削減を可能にしました。
    これらのことから、Re50は資源循環+低炭素を実現した優れた素材といえます。また、50%配合により、とてもあたたかみのある土色をしていることも特徴です。

たち吉はグリーンライフ21・プロジェクトに参加しています。