1990年に天皇皇后両陛下 御紋入洗杯を製作して以降、毎年のように皇室から依頼を受ける山本長左やまもとちょうざさん(妙泉陶房)。そのうつわは天皇陛下即位の礼や、チャールズ皇太子・ダイアナ妃をはじめとする海外の要人たちをおもてなしするために使用されてきました。
石川県加賀市にある山本さんの工房では、絵付けは兄の長左さんが、成形は弟の篤さんが中心となり、弟子たちと製作されています。うつわのほとんどは型打ちという技法で作られています。これはロクロで挽いた素地を型に被せ素地に形を写す昔からの技法で、この技法を使える職人は今は全国的にも数えるほどしかいません。出来上がりの味わいはとても温かいものがあります。
今回は、追加の作品を加えてご紹介いたします。
 
【ご確認ください】
※販売期間:8月10日(水)17時~
※お一人様10点までのご購入とさせていただきますので、予めご了承くださいませ。
山本長左 やまもと ちょうざ
藍古九谷を現代に再現することを志しております。
なかなか思ったようには成りませんが、今後共研鑽精進していきたいと思いますので何卒よろしくお願い申し上げます。
 
1953年 石川県に生まれる
1990年 天皇皇后両陛下御紋入洗杯を製作 即位の礼に使用の漆器を含む全和食器の菊花をデザイン
1991年 宮内庁「饗宴の儀」和食器納入
1992年 秋篠宮家眞子様 内祝菓子器製作
1993年 皇太子様雅子様 御成婚「饗宴の儀」に 使用のオードブル皿製作
1994年 通産大臣認定九谷焼伝統工芸士
1995年 秋篠宮家佳子様 内祝菓子器製作
2000年 日本政府より依頼を受け、国際度量衡局へメートル条約125周年記念の白磁金襴手大皿を製作
石川県加賀市在住

 

 

藍の深み漂う 格別の風情

 

※こちらの作品はたち吉のオリジナルではございません。 
 
【器の個体差について】
全て手作業で行われているためサイズや形状、色味がそれぞれ多少異なります。
サイズ表記と若干の差があることをご了承ください。
個々の違いを手作りの味わい、意匠としてご理解いただきますようお願いいたします。
 
【ご使用上の注意】
電子レンジや食器洗浄乾燥器のご使用はおすすめいたしません。